Hot Entry
現在の電話のあり方について

近年の電話の各種機能

昔なら、相手の電話番号を人差し指で左から右へ一回ずつ回して呼び出すと言のが主流だったのです。ですが今やプッシュボタンを押しての電話を掛けると言う時代です。そしてそれをもっと短縮しようと言う訳で、ボタン1個押せば相手の電話番号に繋がると言う短縮機能と言うのが付くまでになっているのです。滅多に電話を掛けない場合は必要ないのですが、掛けるケースが多い場合はこの短縮番号が便利なのです。番号の押し間違いもない訳なのです。そして、他にも機能と言うのが回線です。通常であれば回線と言うものは一本ですが、企業ともなると、一件で多ければ5回線程度の回線を持っているのです。

つまりは一本電話番号に電話を掛ければ、その回線に別の人が掛けても話し中となる訳です。その話し中を回避するために、その電話番号に電話を掛けて話し中でも、その電話番号と連結している回線に自動的に接続され通話が可能と言う事になるのです。つまりは企業が大きければ、一度に様々なところから電話が掛かるので、回線が多くないと経営面でも支障を来すと言う事になるのです。ですから、最低でも5回線もの回線を持つ場合もあるのです。他にも保留機能と言うのがあります。家庭でも、企業でも、最初に電話に出た人から用事のある人に通話を切り替えるために、相手側に少し待たせますと言う意味の保留機能です。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.