Hot Entry
現在の電話のあり方について

電話の歴史はいつから

いつからなのか知らないうちに、電話というものが、どんどん進歩してきているように思います。一番最初に電話というものが出来、使われるようになったのは、一体いつ頃なのでしょうか。私が知っている限りでは、黒電話で、中央にダイヤルがついていて、ジーコジーコと数字を回してかけていました。それが、随分と長い年数続き、数十年後に、ダイヤルを回すのではなくなり、ボタン方式のプッシュフォンになったように記憶しています。その後しばらくして、そう今か30年近く前位に車に乗せる大きな携帯電話が出来て、その携帯電話を少し小さくして、何とか持ち運び出来るほどの、携帯電話が作られたと思います。

持っている人は殆どいなく、たまに見かけると、凄いと羨望のまなざしで見ていたことを覚えています。それが、瞬く間にどんどん進歩を続け、今や逆に、持っていない人などいないほどの存在になっています。そして、まだ留まることなく、進化し続けているのですから、これからどうなっていくのか想像も出来ません。カメラ機能は当たり前で、パソコン機能も搭載、そして、腕にはめる時計にまでなっていっているようです。ちなみに私たち夫婦は揃って今もガラパコス携帯といわれるようになってしまった携帯電話を所持しています。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.