Hot Entry
現在の電話のあり方について

携帯電話の早すぎる進化

私が携帯電話を持ち始めたのは高校生の時でした。その時は携帯電話も、今と比べると機能が少なかったです。その時は着うたなどは、もちろんなく単音だけでした。それからすぐに三和音、16和音と、どんどんと進化していきました。三和音が出た時は、みんなで騒いだものです。また、自分で曲を作れたりもしたので、専門誌を購入して、楽しんでおりました。あの時の着メロを聞くと、今でも色々な思い出が蘇ってきそうです。

基本的には通話をしていたのですが、電波も悪かったので、今と比べると不便であったと思います。今では電波が届く範囲がかなり広くなり、困ることも少なくなってきております。ただ、通話料は昔も今も料金が高いと思うのは私だけでしょうか。基本料を極力、低額にしてしまっているからでしょうが。通話の金額を抑えたい時には、少し面倒ですがメールで連絡を取っております。メールも昔と違って、かなり見やすくなっております。画面の見やすさが、全然違いますよね。ここ十年で、携帯電話は飛躍的な進化を遂げてきました。これから先の十年で、どのようになってしまうのかすごく楽しみです。凡人の私には、なんのアイディアも浮かびませんが、その進化に向けて、今でも進んでいることでしょう。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.