Hot Entry
現在の電話のあり方について

求人情報に応募する時の電話は大事です

今日ではどんな求人であっても、応募する時に電話やWebを使っての応募が必要になってきます。これは、いわば面接を受けるために必要な予約とも言える重要な位置づけなのです。雇用主は求人情報を出している時点で、採用する人数はあらかじめ決めているものです。つまり雇用主の採用したい人数がが決まっているため、事前に電話やウェブでの面接予約が必要なのです。

つまり、採用人数が決まっているということは、少しでも早くに面接の予約をした方が有利になるということです。まれに、オープニングスタッフの募集等では、面接応募の受付がしっかりと準備できていない場合もあります。そういったところでは、面接の予約を履歴書の郵送で受付している場合もあります。

つまり、この場合は履歴書を指定の場所に郵送して、郵送物が届いた時点で面接の予約が取れたということになるので、自分から連絡を入れる必要はないのです。面接日時は相手側から知らせてくれます。また、電話の切り方ひとつでも、雇用主に好印象を与えることもありますので、些細なことですが心がけたいものです。心がける時に大事なことは2つです。ひとつは、きちんとお礼をすることです。もうひとつは、雇用主よりも先に電話を切らないことです。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.