Hot Entry
現在の電話のあり方について

電話の様変わりについて

自分が小さい頃の電話は、黒色でダイヤルを回すタイプのものでした。今ではほとんど見かけなくなりましたので、最近の若い子にこの話をしても、どういう物か想像できないようです。ダイヤルを一回一回まわすので、今思えば間違いもよく起きたていたのではないかと思います。

ダイヤル式の後に、現代のプッシュ式の物がでてきました。今では当たり前になっていますが、当時見た時は、最先端の技術を感じました。その後、携帯電話が開発され、今に至ります。初めて販売された携帯は、ショルダーバックのような形で、大きさも今の数倍ありました。価格も高かったため、持っている人も少なかったです。また、通話料金も高かったと思います。その後、小型化され、一般人が持つことも当たり前になってきました。

今では、一人一台携帯を持つことが当たり前になっており、通話料も定額制でかけ放題のプランなども出てきました。そして、固定機を持っている人はかなり減少したと思われます。最近では、IP電話などが主流になっていると思います。ネットの回線を使いますので、料金も通常よりもお安くなっています。しかし、ネット回線なので、停電などが起きた時は使用できませんので、注意が必要です。今後も技術が発展して新たな機器が誕生すると思うとわくわくします。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.