Hot Entry
現在の電話のあり方について

電話のかけ方の、マナーとは何か

新しい会社で働く新人さんにとって、電話の応対マナーは、必要最低限身に着けておかなくてはいけません。顔が見えない相手との応対だという事で、適当に対応してしまいますと、会社のイメージを壊してしまう可能性がありますので、注意が必要です。では、電話における最低限のマナーとは、一体何なのでしょうか。まず、相手に電話を掛ける際に、最も重要となってくるのが、きちんと話す内容をまとめるという事です。もしも、電話をしている内に、何を聞けば良いのか、用件を忘れてしまうかもしれないと言った時は、事前にきちんと、メモをまとめてから電話を掛けるようにしましょう。

そして、電話を掛けた際には、必ず、どういった用件でお電話をしたのか、というのを、相手にきちんと伝えてから用件に入りましょう。お電話をして、突然用件に入られますと、相手も吃驚してしまいますよ。そして、電話を切る際には、一呼吸を置いてから、静かに受話器を置くようにしましょう。突然ガチャンと切ってしまっては、相手の心証を悪くしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。このように、電話の応対ひとつで、相手に与える印象が大分変ってきてしまいます。マナーをしっかりと守って、相手に嫌な思いをさせないようにしましょう。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.