Hot Entry
現在の電話のあり方について

電話応対は、相手の名前をしっかりと確認しよう

電話応対がとても苦手だという人は、どうしても会社内の電話に出れませんよね。ですが、何度も何度も電話を受けませんと、何時まで経っても電話応対のスキルを上げる事は出来ませんので、注意が必要です。中でも、電話の受け方は、その応対一つで、相手を怒らせてしまう可能性がありますので、特に注意が必要です。では、どのような応対を心がければ良いのでしょうか。一番大切なのは、相手を確認するという事です。会社にかかってくる電話は、必ずしもお客様や取引先だけではありません。中には、悪質な営業電話などもありますので、必ず相手を確認しなくてはいけないのです。

相手も確認をしないまま、うっかりとこちらから部長などの名前などを名乗ってしまいますと、次からはその名前を出して営業をしてくる可能性がありますので、注意が必要です。電話を受ける際に最も大切なのは、自分の会社の情報をうっかりとしゃべらない事と、相手が解らない内に話をすすめない事です。電話が苦手だという人も、まずはこの1点に気をつけて電話を受けてみましょう。最初から沢山気をつける事がありますと、疲れてしまいますので、出来る事から始めましょう。そうすれば、次第に電話の応対も慣れてきますよ。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.