Hot Entry
現在の電話のあり方について

時代による電話の変化

電話は電話局と個人の家とを物理的な電話回線で結んでおります。昔の黒電話の電話線には電源ケーブルがあったため、自宅が停電になっても電話は使用できていたのです。しかし、近年は黒電話はなくなり、電話は家電の一つとなり、電源はコンセントから取るようになり停電すると電話は使用できないのです。しかし、その代わりとして携帯電話があるのです。

電話は時代と共に変化してきました。パソコン通信によるモデムとの接続。そして更なる高速回線としてのADSLは高速回線のさきがけでした。高速回線が実現できることでインターネットはさらに進化し、動画、テレビ、映画が電話線を通してパソコンで見れるようになってきたのです。そして、光ケーブルの出現により従来の電話線がなくなってきたのです。

黒電話によるケーブルはアナログデータでした。それに対して光ケーブルはデジタルデータを伝送するのです。光ケーブルでの速度はアナログよりも圧倒的に速く、大容量なのです。光ケーブルになることで電話線はなくなり、音声もデータの一つになってしまったのです。家庭ではルーターが設置され、ルーターで電話とパソコンへのデータが分離されるようになってきたのです。さらに、携帯電話が大人1人に対して1台所有しているため、独身のマンションですと電話を引かない人も増えてきています。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.