Hot Entry
現在の電話のあり方について

携帯電話の普及と固定電話の意義

日々益々携帯電話は普及して、知人に電話をする時にも固定電話があったとしても始終持ち歩いている手軽さと、コードがないいわば無線電話的な形状なこともあってか、ついつい携帯電話を使って相手の携帯電話番号へ掛けることが多くなっているかと思います。少し前だと固定電話番号を伝えないと信用があまり得られなくて、大事な書類だったり届出で携帯番号を使うのが認められないケースもあったように思うのですが、そちらの面でも最近では携帯番号でも問題なく事が進むようになっているようです。

また携帯電話といえば電波の心配がありますが、その面でも技術がどんどん発展してどこででも繋がりやすくなりました。ですが、やはり場所によってはつながっていても途切れ途切れになってしまったり音量が増減したりと、ちょっと大事な話をする時には不安な面もあります。緊急時にもすぐに携帯しているという点では携帯電話が活躍すると思いますが、携帯の電池が切れてしまうような自体になれば、固定電話か公衆電話という事になるかと思います。

このようなことから現状とするとやはり両者ともあった方が安心といった印象を受けます。携帯電話だけでも過ごせなくはないけれど、携帯電話を使うための通信経路が絶たれた自体も考えたら、それが家庭単位でなくても良いかもしれませんが、公衆電話も含めて通信手段は幾つか必要ではないかと思っています。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.