Hot Entry
現在の電話のあり方について

携帯電話の機能について。

携帯電話のサービスは、今から25年ほど前から提供されるようになりました。昔は、トランシーバーのような大きな端末を使って電話機能のみの機能しか持っていなかったのが、折りたたんで使えるよう改良され、簡易的な電卓などの機能がつけられ、更にインターネットに繋いで携帯電話専用のホームページまで閲覧できるようになりました。トランシーバーのような外見の端末のものは、第1世代と言われ、アナログ回線を使用した通信を行っていましたが、第2世代の端末からはデジタル回線を使った通信ができるようになりました。

私が高校生になってから手に入れた携帯は第2.5世代の携帯電話でしたが、まだパケット定額制度がなかったため、使いすぎてしまい、お小遣いを10ヶ月程度、半分程度にカットされるという、悲惨な目にあった記憶があります。自分で携帯電話の料金を支払うようになってからは、必ずパケット定額制度をつけるようにしました。

日本では、携帯電話の端末が普及し、独自の進化を遂げました。これらはガラパゴス携帯と呼ばれ、日本でしか使われないような機能、例えばお財布ケータイや電子マネーのサービスなど、独特な機能が組み込まれたものがたくさん普及しました。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.