Hot Entry
現在の電話のあり方について

電話は時代と共に進化しています

昔懐かしい1回線のダイヤル式黒電話は、昭和の家庭によく置いてありました。ダイヤルした番号に応じて、電話機が電話線を流れる直流電流を切断します。交換機は切断された回数をカウントして数字に交換する仕組みです。電話線から供給される電力を利用していますので、停電の時も通話できることから災害時に見直されました。

やがて親子電話で、親機に付属する子機付きのプッシュ式の電話に変わり、現在に至っています。親機から離れた場所でも通話ができます。一家に一台しかなかった電話が、子機の登場で自分の部屋で通話ができることは便利でしたし、黒い物体だった電話機がスマートで都会的な雰囲気に変わり、長電話する人も増え家庭内で一時は問題視されたましたが、キャッチホンも導入され解消されました。

現在は携帯電話の普及で場所を選ばず電話が可能になり、昔の黒電話を知っている世代の人にとっては、夢のような機器とも言えます。登録している番号に電話を掛けると本人が出てくれますので、いつでも連絡が取れますから、家族や友人たちとのコミュニケーションが取りやすいです。また携帯電話はメール機能も付いていますので、相手の都合を気にすることなく連絡できるもの便利です。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.