Hot Entry
現在の電話のあり方について

携帯電話の回線を見なおそう

今や、小学生でもおじいちゃんおばあちゃんでも、だれでも持っている携帯電話。しかし、その契約料金の高さに頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。様々な調査によよって、月々の携帯利用料金は7000円近くになることが分かっていますし、実際に皆さんが支払っている額もそんなものでしょう。しかし、キャリア3社による寡占市場である現実を考えると、そう簡単に安い契約を見つけることはできません。

ですが、携帯料金に価格破壊をもたらすとして最近期待されている、「格安SIM」というものを使えば、携帯料金は格段と安くなります。値段で言えば、月々1000円でスマートフォンを持つことができるようになります。では、なぜこんなに安いのでしょうか。それは、いらないサービスを徹底的に切り捨てたからです。例えば、格安SIM単体では通話機能がありません。しかし、メッセージサービスが主流になりつつある現代を考えれば、妥当ではないでしょうか。

また、通信量の制限が2GBや4GBなど、キャリアで一般的な5GBや7GBよりも少ないですが、実際に90%のユーザーは3GB未満の通信で、7GB以上使用しているのは3%という調査結果も出ています。このように、必要な物を安く契約することが、シンプルですが確実な節約術です。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.