Hot Entry
現在の電話のあり方について

電話線によって繋がれていたインターネットの世界。

私は現在、IT分野の国家資格を取得するために勉強を行っていますが、古い参考書を立ち読みして、今使われている技術と全く違っていたため、唖然としてしまいました。ネットワーク回線の技術に関しては、20年前と今とでは内容が全く違います。20年前のネットワーク回線のほとんどは電話網が用いられており、情報理論と呼ばれる技術がそのまま使われていました。今のネットワークの世界をマクロに例えると、昔使われていたネットワークの世界はミクロに例えることができると思いました。

ケンドールの記述やM/M/1待ち行列がそのまま使用されており、アナログ回線をパケットとして使用するために、電磁波や周波数、帯域幅などを全部読み解いていかなければならに仕組みになっており、完全に電子工学の世界でした。今は、そういった知識を知らない人でもネットワーク環境を構築できるように、難しい機械はカプセル化され、ケーブルの問題を見極めたり、サーバが操作できる技術を身につけたり、ルータやスイッチを操作したり、ネットワークの障害を読み解くために訓練したり、そういった面での努力を磨ける人が、活躍しやすい環境になっているように思います。とは言うものの、難解なトラブルが起こった場合、対応できるのは電気の知識を持っているような人です。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.