Hot Entry
現在の電話のあり方について

ソフトフォンは効率的に電話が掛けられる存在

電話という存在は現在の企業におきましても、重要な位置を占めています。しかしその形態はこれまでの電話機とは違い、インターネットとパソコンとハンドセットを使ったソフトフォンに移行しているケースが多いと言えるでしょう。コールセンターなどの通信サービスでは、ほぼパソコンが主流であり、この業務ではハンドセットよりもヘッドセットの方が一般的です。また、通常の業務で使用されるソフトフォンには、様々な利点があり、各種機能を盛り込ませることによりまして、その利便性も大きく向上させることができます。

これまでのビジネスフォンの場合、呼び出しは音や光で電話の着信を知らせていましたが、ソフトフォンではパソコンのディスプレイにも、着信を知らせる表示が可能です。これにより、パソコンに集中している際でありましても、電話が入ったことが分かります。更にその表示には、伝言文を入れることも可能でありますので、話す内容などの要件を、事前に電話先の相手に伝えることができる点も利点と言えます。一方、連絡したい相手が今現在離席中の場合では、席に戻って来たら自分のパソコンのディスプレイ上で、それを教えてくれる機能もあります。この機能がありましたら、相手が電話に出るまで幾度もリダイヤルする必要がなく、効率的に電話が掛けられます。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.