Hot Entry
現在の電話のあり方について

元コールセンターのオペレーターですが、電話が苦手です。

6年近く某カード会社のコールセンターで受信オペレーターとして働いていた私ですが、実は電話が苦手です。正確に言えば電話を受けるのは特に問題ないのですが、電話を架けるのが苦手なんです。対面で話していれば、ジェスチャーやその場の雰囲気などで伝わることも、電話だと言葉だけで伝えないといけないのがプレッシャーなのだと思います。妙に緊張してしまうんです。

でもどうしても電話でないと問い合わせできないこともありますよね。用件が一つであればまだいいのですが、用件が複数あると私の緊張度はかなり上がってしまいます。下手すると用件を全部聞ききれずに電話を切ってしまうこともあったり。そんな失敗をしないために、私がやることは前もってシュミレーションをすることです。問い合わせ内容を前もってメモにすることはもちろん、質問する順番を考えたり、口頭で伝えることを前もって文章で考えておいたりします。たかが問い合わせの電話で?!と驚かれる方も多いと思いますが、そのくらい私は電話に弱いんです。そこまで念入りに準備をして、実際に話す練習までしてから、いざコールです。実際架かってしまえば、念入りなシュミレーションどおりにはいかなくても、意外と焦らず話せることもあるんですが、これも前段階で準備をした賜物です。メモなし、準備なしでは話せる自信は到底ありません。

もし、電話で問い合わせするのが苦手という方は、ぜひ事前シュミレーションをしてみてください。少しだけ緊張がほぐれるかもしれません。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.