Hot Entry
現在の電話のあり方について

携帯電話を初めて利用したときの思い出はたくさんあります

初めて携帯電話を利用するようになったのは、27歳のときのことでした。それ以前は固定電話で通話するのが当たり前で、外出先で連絡を取り合うことが難しく、今考えると非常に不便な状態で暮らしていたように感じます。もちろん、公衆電話がありましたが、その場所を探すのも一苦労に感じることもありました。その点、携帯電話を利用するようになってからは、通話したいと思ったときは、その場ですぐに相手と会話をすることができます。料金プランも豊富に用意されているから、今は以前に比べて通話料もかからなくなって、より気軽に通話を楽しめるようになったと実感しています。

初めて携帯電話を手にして、外出先で家族と通話したときは、その便利さにそれまで味わったことがないような感動を覚えた記憶があります。外出先でこんなに気軽に通話ができていいのかと思うほど、感激したんです。また、メール機能を初めて利用したときは、その便利さと楽しさにどんどんハマっていったことをよく覚えています。私が20代前半のころには、こんな便利で楽しいものが当たり前のように普及するようになるとは想像していなかったので、今はその便利さを有難く感じながら毎日利用しています。

Copyright (C)2017現在の電話のあり方について.All rights reserved.